どんな時期にするのがいい?


二重整形をすると決めたけれど、あまり整形したことがばれないようにしたい……。そんな人は、整形をする時期を考えることで少しばれにくくすることができます。

卒業や就職などの人生の節目の時期を選ぶのが良い方法でしょう。

例えば高校から大学へ行く場合や、大学から就職、転職、引っ越しなど、環境が変わるときに手術をすると、周囲の顔ぶれも違ってきますから、もともと二重まぶたの人なんだろうな、と思わせることができます。

もちろん、一重まぶたのときを知っている人に会わなければならないことも多々あると思います。

しかし、久しぶりに会うと「そういえばこんな顔だったかな」とか「お化粧が変わったのかな」などと錯覚されることもあります。

整形したことを気付かれることがあっても、その人がわざわざ現在の周囲の人たちにばらすようなことは考えにくいです。

また正直に整形したことを伝えたとしても、二重整形は現在それほど特別な手術ではありませんから、おしゃれと同じ感覚で捉えられるかもしれません。

埋没法は、手術をすることによって老化が早くなるとか、老化したときにばれやすくなるとか、そういった不安はありません。通常の二重の人と同様に老化していきます。

ですから、私個人としては、「早ければ早いほどいい」と思います。

できるだけ早く周囲に二重まぶたを定着させておくほうが、後々「あの子、整形した」などと言われずに済むからです。