手術痕はどんな感じ?目立つ?


二重まぶた埋没法の手術後3日ぐらいまでは、ひどく腫れていますので手術跡は目立ちます。

特に初日は、血がにじんでいたりするのでちょっとびっくりするかもしれません。

しかし4日を経過する頃から、少し腫れは残るものの、まぶたは綺麗になっていきます。

1週間もすると、ほとんど通常の二重まぶたと変わりません。

2週間が過ぎると、傷跡は目を閉じてもまぶたの上からはほとんどわかりません。

まぶたを裏返して見たら多少の跡はわかるのかもしれませんが、日常生活でわかるような跡は全く残っていません。

目を閉じたときに、かなり注意して見れば、ほんのわずかに2カ所、引っ張られたような感じに見えるところがありますが、言われなければ誰も気づくことはないでしょう。

また個人差もありますから、全くわからない人、少しわかりやすい人などはあるかもしれません。

私は色白で皮膚も柔らかい方なのですが、それでもほとんど傷跡がわからないということは、たいていの人は整形をしたことがわからないのではないかと思います。

埋没法は簡単な手術ですから、傷跡も残りにくいのでしょうね。

ただ跡がわかりにくいほどの手術なら、反対に取れやすいというデメリットもあります。自分で経過をよく観察しておくようにしましょう。


メスを使う切開法の手術になると、跡は多少わかりやすくなるとは思いますが、二重ラインのひだが埋没法よりもはっきりしていますので、跡を隠してくれます。

どちらの手術にしろ、跡が目立つのでは、という心配はしなくてよいでしょう。